「白山駅」A2出口より徒歩1
03-3830-8080

※美容の施術・ご相談はお電話で

予防接種

当院で行っている予防接種についてご案内いたします。
詳しくは下記内容をご覧ください。

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹発症予防としての効果があり、50歳以上から接種可能です。

保険適応疾患

水痘(水ぼうそう)が治った後も、そのウイルスは体の中の神経節というところに潜んでいます。通常免疫力によってその活動は抑えられていますが、加齢やストレスなどで免疫力が落ちた時に、再びウイルスが活動をはじめ、発症するのが帯状疱疹です。通常、片側の一部にピリピリとした痛みが現れ、数日~1週間後にその部分に水疱を伴う赤い皮疹が出現します。日本人の3人に1人は80歳までに発症するといわれており、特に50歳代から発症しやすくなります。

帯状疱疹にかかると、皮膚の症状が治った後も、長期的に神経痛が残ってしまうことがあります。日常生活に支障をきたすほどの痛みが残る場合もあります。また、顔面に発症すると、顔面神経麻痺や角膜炎、めまいや耳鳴りなどの合併症や後遺症が残ることがあります。
帯状疱疹ワクチンには2種類あります。以下、比較です。ご参照ください。

帯状疱疹ワクチン

生ワクチン
(ビケン)
不活化ワクチン
(シングリックス)
ワクチンの種類 生ワクチン 不活化ワクチン
接種回数 1回 2回
(2か月後に2回目)
予防効果 50~60% 90%以上
持続期間 5年程度 10年以上
副反応 接種部位の軽い痛み
腫れ、発赤
数日で消失
接種部位の筋肉痛の様な痛み
腫れ、発赤
3日~1週間で消失
料金 8,800円(税込)
文京区在住、65歳以上の方は助成あり
(自己負担4000円)
22,000円(税込)
/ 回
助成なし
他のワクチンとの間隔 不活化ワクチン→同日から可
生ワクチン→27日以上あける
※コロナワクチンのみ前後14日以上
いずれも同日から可
※コロナワクチンのみ前後14日以上
メリット
  • 1回で済む
  • 値段が安い
  • 免疫が低下している方にも接種可能
  • 予防効果が高い
  • 持続期間が長い
デメリット
  • 免疫が低下している方、免疫抑制薬(副腎皮質ステロイド剤、免疫抑制剤、抗リウマチ剤や抗悪性腫瘍剤などの薬剤)を内服中の方は接種できない
  • 持続期間が短い
  • 生ワクチンよりも痛い
  • 2回接種が必要
  • 値段が高い

インフルエンザワクチン

文京区助成が使用できます。
今シーズンの予約についてはお知らせ欄にて掲載いたします。

コロナワクチン

当院は接種医療機関となっております。
現在、文京区では個別接種は休止、集団接種のみとなっております。
今後個別接種が再開する場合には、お知らせ欄に掲載させていただきます。

わたなべ皮膚科
院長
渡邉 荘子
住所
東京都文京区白山1-33-16 
パークコートプレイス4階
アクセス
都営地下鉄三田線「白山」駅 A2出口より徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅 1番出口より徒歩5分
電話番号
03-3830-8080
SNSアカウント

当院スタッフが随時更新中!

  • Instagram
★:手術(要予約)
形成外科外来(金曜):要予約
※ダーモスコピー外来(土曜日午前):要予約
美容施術をご希望の場合は、予めお電話にてご予約ください。
診療時間 日祝
9:00~13:00
受付時間 8:45~
※火曜受付時間 9:45~
渡邉 後藤 渡邉 渡邉 渡邉
中尾 (形成)
渡邉
田中※
休診
14:00~15:00
予約診療
休診
15:00~18:00
受付時間 ~17:30
渡邉 後藤 渡邉 渡邉 渡邉
中尾 (形成)
休診
Page
Top
×

電話でのお問い合わせ
03-3830-8080
休診日  土曜日午後、日曜、祝日
診療時間 9時~13時、15時~18時
(火曜日は10時~)
(受付は診療時間終了の30分前まで)